“ONE TEAM”で掴んだ勝利!  広島7 – 5巨人(8月21日)

プロ野球

“爽やか笑顔の連敗ストッパー”。もうっ、森下くんったら~。おっちゃん、うれしくってしょうがないんよ~。ネットの新聞記事いっぱい読んじゃったもんね~。

https://www.sanspo.com/baseball/news/20200822/car20082205030001-n1.html

(サンスポ.COM、2020/8/22)

さてさて、昨日の対巨人3連戦頭の試合ですが、タイトル選びに悩みました。というのも、誰が一番活躍したというものでもなく、つくづく、野球はチームスポーツだなと思えた試合内容でしたよ(感涙)。

広島 ドはまり初回5得点 3連覇した強いカープ野球の面影 佐々岡監督「一つずつ」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 留飲の下がる攻撃とはこのことだ。3連勝中の巨人ナインを意気消沈させ、先発のルーキー・森下を勇気づけた鮮やかな速攻。打線の組み替えと、足を絡めた采配がズバリ的中し、広島・佐々岡監督は表情を緩めた。

(デイリースポーツ、2020/8/22)

初回の5点は、7試合連続で毎回100球以上投げてきた森下 暢仁投手にとっては、一服の清涼剤どころの恩恵では無いわけで、エナジードリンク5本一気飲み位のパワーをもらえたのではないでしょうか?

先頭の長野 久義選手が四球をもぎとって、すかさず菊池 涼介選手がヒットエンドランを成功させる。この時点で今日は違うぞ!と思いましたよ。1点ずつ、2点を泥臭く取ってからの坂倉 将吾選手の3ランホームラン。3塁からベンチに帰ってきた西川 龍馬選手が、笑顔で迎える森下投手の頭を、誇らしげにぽんと叩くしぐさ。もう、おっちゃんは萌え~。チームが一つになっとる!と思えた瞬間でした。

広島ドラ1・森下「絶対エース」に育成だ! 鈴木、西川ら野手陣が熱烈〝越境〟サポート – 東京スポーツ新聞社
 広島のドラフト1位・森下暢仁投手(22)が21日の巨人戦(マツダ)で8回1失点の快投を見せ5勝目を挙げた。これで規定投球回に到達し、防御率はリーグ2位の2・14。抜群の安定感を発揮する右腕は「しっか...

(東スポWeb、2020/8/22)

私は、隣町まで歩いて行っている息子の習字が18:30で終わるので、それを待つ間、会場近くのベンチに腰掛けてスカパー!で観戦していたのですが、5点先制したことを息子に伝えるワクワク感でいっぱいでしたよ。1回裏の攻撃を終え、ベンチを出る選手たちの中で、1人残る坂倉選手がメモ帳に何かを書いているのがクローズアップされていました。○選手を思い出しましたが、素晴らしい習慣ですね。打席でも、守備でもすんごい成長曲線を描いていますね。

6回表ノーアウトからの森下→菊池→ピレラとつなぐ鮮やかダブルプレーに、8回表の西川選手の背面スーパーキャッチと、守備でも森下投手を支え、最後はフランスア投手の火消しで5セーブ目のオマケが付くという、とにかく“ONE TEAM”で掴んだ勝利でしたね!

実のところ、森下投手の肩が心配なんじゃけど、経験豊富な澤崎コーチの助言があったり、ひと昔前と違って酸素カプセルやらの最新機器が備わているので、杞憂に終わってほしいなあと思う土曜日の朝なのでした…。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました