負けたけど、お立ち台に立たせてあげて…。 (広島3-6巨人・2022年5月4日)

プロ野球

何でしょうね…。DNAに組み込まれとるともいえるんか…。広島の街はあの後、稼働したんでしょうかねぇ…。電気がストップして、交通整理する警察の方も無気力状態で…。そんなことは無いか…。後を引く負け方というか…。カープの負けを見届けて、重い腰を上げた息子(11)が塾に自習をしに行くというもんで、連休後半の買い出しを兼ねて一緒に家を発ちましたよ。ま、そのあと、塾の自習室が会議中だったため、息子は買い出しに合流しましたが…。じゃけえどしたん?という声が聞こえてきそうな、ほぼ休日の日記状態…。やっぱり、気持ちが重いと、パソコンのキーボードを打つ手が動かんね…。ブログを始める前までは、カープが負けたら、“カープ断ち”、スポーツニュースを一切見ないで済んでたのですが…。今は、傷口に塩を塗る思いすらしますが、一応、カープの試合があった日は毎日記録しようと思ったので、愚痴みたいな状態ですが、書かせてください…。

昨日は、ドラ3中村健人選手(24)が守って、打って、お立ち台!!っていうコースじゃろ??? 普通に考えたら…。5回の裏で、時計よ止まれ!!!! 止まらんのかい…。

広島・ドラ3中村健 驚肩! 2イニング連続レーザービーム 打っては2戦連続タイムリー/デイリースポーツ online
 「広島3-6巨人」(4日、マツダスタジアム) 広島は逆転負けで連勝を逃した。首位・巨人とのゲーム差を2・5に広げられた中、輝いたのはドラフト3位・中村健人外野手(24)=トヨタ自動車=だ。三回と四回の右翼守備で強肩を披露し、2イニング連続の補殺を記録。相手走者の本塁生還を許さず、打っては2試合連続の適時打。頼もしいル...

(デイリースポーツ、2022/05/05)

新井貴浩氏 広島・九里の6回の表情にガッカリ 笑いは許されない場面…野球は1人でやるスポーツではない - スポニチ Sponichi Annex 野球
 【新井貴浩 視点】口元を緩めたのは照れ隠しなのだろうか。同点に追い付かれた6回。九里がマウンド上で見せた表情、振る舞いには正直ガッカリした。ボールが続いて目尻がかすかに緩み、岡本和に被弾した直後にも薄笑いを浮かべた。

(スポニチアネックス、2022/05/05)

新井さん、あの日、鯉党の9割は同じ思いじゃったと思う…。何で、笑ろうとるんじゃろうかって…。あの日は、あくまで、鯉のぼりが空を泳ぎ、新たなスター誕生だったんよ…。あの6回表が無かったら、黒原拓未投手(22)だって投げなくて済んだ…。ほんま、時間を巻き戻したい…。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました