護摩行の連続記録について

プロ野球

毎年1月恒例の鹿児島市最福寺での護摩行ですが、今年は1月9日に行い、参加者は昨年に続き會澤翼選手(33)、堂林翔太選手(30)の2名のみ。この2人は、6年連続6回目とのことで、2015年にカープに復帰した新井さんに2017年に誘われてからの連続参加です。 2人を道連れにした当の新井さんはというと、現役引退後に高野山別格本山清淨心院で単独で護摩行を行っており、2004年12月以降、昨年までに17年連続決行中で、今後連続護摩行記録の新井さん越えは難しいでしょうね…。

【広島】会沢翼、6年連続6度目の護摩行 池口宿老「新井よりいいかもしらん」
 広島の会沢翼捕手が9日、鹿児島市の最福寺で6年連続6度目の護摩行を敢行した。1600枚の護摩木で燃え上がる炎と格闘。「(昨季は)悔しい思いをしているので、悔しい思いを晴らす思いで。また始まるんだとい

(スポーツ報知、2022/01/10)

広島・会沢 己に勝つ V奪還へ恒例護摩行で闘志点火「やってやるぞという気持ちに」/デイリースポーツ online
 広島の会沢翼捕手(33)が9日、鹿児島市内の最福寺で堂林翔太内野手(30)と恒例の護摩行に臨んだ。昨季はケガの影響で出場選手登録を2度抹消されるなど、不本意なシーズンだった。6年連続6度目の荒行では決意新たに「己に勝つ」ことを宣言。チームとしても、個人としても、優勝を最大の目標に定めた。 顔をしかめ、叫ぶように会沢は...
広島・堂林 雪辱の炎 6度目護摩行で一心不乱 リベンジの1年「とにかく結果を」/デイリースポーツ online
 広島の堂林翔太内野手(30)が9日、鹿児島市内の最福寺で会沢翼捕手(33)と恒例の護摩行に臨んだ。 思いを込めた。舞い上がる炎と正対した堂林は、一心不乱に声を張り上げる。「昨年の悔しさをぶつけるじゃないですけど、そういう気持ちも込めながらやらせていただきました」。6度目の護摩行。試練を終え、充実感をにじませた。

(デイリースポーツ、2022/01/10)

ここで、鯉戦士の護摩行参加の軌跡を調べてみました。

2022年 最福寺:會澤翼、堂林翔太、(極秘:野間峻祥)、清浄心院:新井貴浩(11月開催のため未定)

2021年 最福寺:會澤翼、堂林翔太、(極秘:野間峻祥)、清浄心院:新井貴浩

2020年 最福寺:石原慶幸、小窪哲也、會澤翼、堂林翔太、(極秘:野間峻祥)、清浄心院:新井貴浩

2019年 最福寺:石原慶幸、會澤翼、堂林翔太、(極秘:野間峻祥)、清浄心院:新井貴浩

2018年 最福寺:新井貴浩、石原慶幸、會澤翼、堂林翔太、(極秘:野間峻祥)

2017年 最福寺:新井貴浩、石原慶幸、會澤翼、堂林翔太、(極秘:野間峻祥)

2016年 最福寺:新井貴浩

2015年 最福寺:新井貴浩

新井12年連続の護摩行!100分耐え抜いた/デイリースポーツ online
 広島・新井貴浩内野手(38)が12日、鹿児島市の烏帽子山最福寺で、12年連続12度目の護摩行に挑んだ。高野山別格本山「清浄心院」の住職・池口恵観大僧正(79)は「全身奉炎(ぜんしんほうえん)」の言葉を伝授。本塁打王を獲得した2005年を例に「あの時のような気が出ている」と活躍を断言した。プロ18年目のベテランが身を粉...

(デイリースポーツ、2016/01/13)

広島新井護摩行、優勝&スタメン奪取だ - プロ野球ニュース : nikkansports.com
 広島新井貴浩内野手(37)が13日、石原と鹿児島市内の最福寺で護摩行を公開した。今回で11度目となる恒例行事。だが8年ぶりの古巣復帰が決まり「気」が違っていた...

(日刊スポーツ、2015/01/14)

新井貴浩元プロ野球選手/氏神祭特別護摩祈願祭に参加されました。 – 清浄心院からのお知らせ

( 高野山別格本山清淨心 公式HPより)

會澤選手、堂林選手が参加した2017年以降、参加者の増減がありますが、別枠として野間選手の極秘護摩行ニュースは怪しいですよね…。いつぞやの新井さん新年特番(年末収録)の際に、苦し紛れ?で野間選手が護摩行に参加するかもと吐露して以降、まことしやかに記事になっていますが…。写真が一切出ない極秘体制…。いや、問い詰めるのは止めておきましょう。そういえば、広島の年末年始特番ですが、息子(10さい)の大きいお友達から、先週DVD-Rに焼いて送っていただきました。このところ休みが少なくてまだ拝見していないのですが、今日こそは一気に観ますね!ありがとうございます!!

それにしても、新井さんの護摩行に懸ける心意気というか、毎年行う根性というのは凄まじいものがありますね。元々は先輩の金本さんから誘われて行ったのに…。もう、無理はしないで…。でも毎年行われていることにこちらは安心感が芽生えております…。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました