獲れるもんはとっとこ!

プロ野球

堂林翔太選手が、栄誉あるカムバック賞の候補になっとる!?

現在、打率が12球団で唯一4割台(7/19現在.434)という驚異の大躍進を遂げているので、このままいけばその可能性は高い。

今季カープの堂林翔太も候補に?過去のカムバック賞受賞者とその経緯を振り返る
今季、堂林翔太(広島)が開幕から好調で首位打者争いを演じており、カムバック賞を受賞してもおかしくない活躍を見せている。同賞は大怪我からの復活による受賞のイメージが強いかもしれないが、過去には闘病からの復帰を成し遂げた盛田幸妃(近鉄)や、不振からの復活を果たした鈴木健(ヤクルト)など、様々な経緯から復活し好成績を残した選...

(SPAIA、2020/7/20)

広島の諸先輩方でいえば、1986年津田恒実投手が肩の故障から復活し、抑えとして5度目の優勝に貢献。2002年受賞の前田智徳選手は、2000年に左アキレス腱の状態が悪化し腱鞘滑膜切除手術を受けてからの3割復活といった、ドラマティックな物語が付随する。2012年には、巨人に行った大竹さんも広島時代に受賞してるっ!まあ、現役17年も続いて日本代表も経験するんだからすごい選手なんでしょう。

話を堂林選手に戻そう! 3年目の2012年に144試合出場して14本塁打、150三振、29失策…。カープあるあるやね。新井さんだって、東出選手だって、1軍出たての頃はザルやったもんねぇ。それでも、カープは将来を見込んで使い続けるのです。結果はついてくるから…。きっと…。そして、8年後、大ブレイク!!もう、本命中の本命!間違いなくカムバック賞の受賞筆頭候補だ! 助走が長い方が遠くへ飛べるってもんよ。ミスチルさんの歌詞にもあったね。 堂林選手はそれを体現する稀有な事象、見逃しちゃ損! 問題は、ライバルの出現。7/23(木)にも藤波晋太郎投手がマウンドに立つかも。正直心配じゃが、ここで打ったら間違いない! 獲れるもんは獲れるうちにとっとこ!

この記事が出た7/20は、奇しくも、炎のストッパー津田恒実氏の27回忌でもありました。

27回忌を迎えた炎のストッパー・津田恒実氏 親友・森脇氏と交わした還暦の約束
“炎のストッパー”として広島で活躍しファンから愛された津田恒実氏。脳腫瘍と闘い1993年7月20日にこの世を去ってから今年で27年の月日が経った。毎年、特別な思いでこの日を迎えるのは1984年から87年までカープに在籍した森脇浩司氏だ。

(full-Count、2020/7/20)

きっと、大先輩も見守ってくれている…。光り輝く その道を 翔けぬけて魅せろ 堂林SHOW TIME!(堂林翔太選手応援歌より)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました