次は6点とるんじゃ!  広島4 – 2DeNA(8月26日)

プロ野球

ナイスゲーム! 西川 龍馬選手がコンディション不良で登録抹消。代わりに1番に入った野間 峻祥選手が、今シーズン初のスタメン起用に応えました! 

広島・野間、1点防いだ好返球 登録抹消の西川に代わって1番中堅で出場/デイリースポーツ online
 「DeNA-広島」(26日、横浜スタジアム) 広島の野間峻祥外野手が好返球で失点を防いだ。

(デイリースポーツ、2020/8/26)

8回表の3塁への盗塁失敗は、ある意味野間選手にしかできないチャレンジ…。9回表の鈴木 誠也選手のダメ押し14号ホームランは、『祐輔さんが粘り強く頑張っていたので』と、野村 祐輔投手に勝を付ける価値ある1発でしたが、仲良し野間選手の失敗を打ち消す(もみ消す?)ため奮起したともいえるのでは?

広島・誠也 ダメ押しの14号「祐輔さんが粘り強く頑張っていたので」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 広島の鈴木誠がだめ押し弾を放った。

(スポニチアネックス、2020/8/27)

両チームがノーエラー、投手戦で締まったこの試合。投げ勝った野村投手を、ラミレス監督からも称えていただきました。

DeNAラミレス監督、広島先発の野村に脱帽「打ち崩すのは難しい投球」
DeNAは26日、本拠地・横浜スタジアムで広島と対戦し、4-2で競り負けて連勝を逃した。先発の浜口は6回3失点と試合を作ったが、打線が広島先発の野村の前に8回まで梶谷の2ランの2点のみに抑えられた。試合後、ラミレス監督は「野村はすごくよかった。最初から最後までなかなか打ち崩すのは難しい投球をされてしまった」と相手先発に...

(full-Count、2020/8/26)

これで1勝1敗。さあ、今日こそは、K.ジョンソン投手に勝ちを付けられるか? ここまで防御率5.83と沢村賞投手の面影が悲しいかな見えて来ませんが、数字の上では6点勝負。7回までK.ジョンソン投手に投げ抜いてもらって、最低でも6点取れば勝てるんじゃ(願望)。野間選手をはじめとしたカープのねちっこい野球、足でかき回して、苦手な井納 翔一投手(対戦防御率0.75)を早い回でおろせるか…。

厳しい試合になりそうですが、久々のスタメン起用に応えようと、さらに野間選手が奮起してくれるのでは?と期待してしまう木曜日の朝なのでした。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました