次こそセーブポイントを…。 広島3 – 3DeNA(5月16日)

プロ野球

栗林良吏投手(24)が小雨降る9回表に登板し、2アウト1・2塁まで粘られるも、最後は同じく新人王候補の牧秀悟選手(23)をフォークで空振り三振!!

何とか0で切り抜いて、デビューから17試合連続無失点ですよ!

価値ある引き分けですが、17試合零封して、9セーブってことは、8試合もこういう試合をこなしているわけで…。

次こそセーブポイントの付く試合に投げさせてあげたいですね…。

広島・栗林 1回零封で17試合連続無失点 初の雨中登板も「雨が弱くなっていたので大丈夫」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 広島・栗林が1回無失点でデビューからの連続無失点を17試合に伸ばした。

(スポニチアネックス、2021/5/17)

広島ドラ1守護神・栗林 「零封無双」のウラに憧れの人からの “割り切りアドバイス” – 東京スポーツ新聞社
 広島のドラフト1位新人・栗林良吏投手(24)が獅子奮迅の活躍だ。16日のDeNA戦(マツダ)では3―3の9回に登板し、二死一、二塁のピンチを招くも無得点で切り抜け、自身が持つ新人の初登板からの連続無...

(東スポWeb、2021/5/17)

打撃の方は、小園海斗選手(20)が自身初の5番起用を難なくこなしてくれたことが、チームの打線に新たな選択肢が増えて、次はもっと面白くなりそうな予感がします…。

広島・小園はプロ初5番でもお見事!2安打&2得点「気にせずにできた」佐々岡監督も納得顔 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 広島の小園がプロ初の5番起用に2安打2得点で応えた。

(スポニチアネックス、2021/5/17)

それによって、西川龍馬選手(26)が7番起用で気持ちよく悪球打ち! 

広島・龍馬イチローばり!びっくり同点打 地面スレスレ左前へ降格7番で救った/デイリースポーツ online
 「広島3-3DeNA」(16日、マツダスタジアム) 広島は執念の引き分けに持ち込み、カード勝ち越しを決めた。今季初めてクリーンアップを外れ、7番で先発出場した西川龍馬外野手(26)は2本の適時打を放ち、いずれも低めの変化球を“曲芸打ち”で捉えた。不振に苦しみ、この日の適時打が今月初打点。チーム屈指の好打者がここから上...

(デイリースポーツ、2021/5/17)

勝ちをもぎ取れませんでしたが、収穫はあった試合だったかと…。

コルニエル投手(25)は次が勝負ですよ…。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました