来年につながる!! 広島9 – 7ヤクルト(11月1日)

プロ野球

色々と収穫の多かった最終戦、何と言っても、小園海斗選手(21)が4打数3安打(犠打1)、4の4だったら3割の大台に到達するという試合で、本当に惜しい! 3の3で、あと一本まで迫り、8回に三振に倒れてしまいました(写真が秀逸)が、本人コメント『いいスイングもできた。いいところまで粘れたかなと思うので、来年につながるんじゃないんかな』とのこと。ほんま、「1番宇草、2番小園」はここに来て一番ワクワクする1・2番コンビでしたよ。まあ、パンチ力もあるので3番が適任かな?

広島・小園 打率3割ならずも手応え「来年につながるんじゃないかな」/デイリースポーツ online
 「ヤクルト7-9広島」(1日、神宮球場) 広島・小園海斗内野手(21)が、あと一歩で打率3割到達を逃した。初回に中前打で弾みをつけ、五回は右前にはじき返して六回は右中間へ適時二塁打。打率を・299まで上げて迎えた八回は安打なら3割到達だったが空振り三振。・298で今季を終えた。

(デイリースポーツ、2021/11/1)

3年目にして規定打席到達、そして最終的に打率.298まで持ち上げたことは、来季に繋がりますね!

坂倉将吾選手(23)もお見事!! 3位の牧秀悟選手(23)に1厘差で打率2位、鈴木誠也選手(27)と、打率1・2フィニッシュだなんて、出木杉君ですよ! 記録がクローズアップされちゃうと、佐々岡監督がちょっと恥ずかしいかも…。

広島坂倉将吾、首位鈴木誠也とセ打率ワンツー達成 球団嶋、ラロッカ以来 - プロ野球 : 日刊スポーツ
広島坂倉将吾が、球団では04年の嶋、ラロッカ以来となる鈴木誠とのセ・リーグ打率ワンツーフィニッシュを達成した。「3番一塁」でスタメン出場。初回無死一、三塁で右… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

(日刊スポーツ、2021/11/1)

最後は、栗林良吏投手(25)が新人最多記録の37セーブに並んでフィニッシュ!! 観に行ったファンにはたまらん試合でしたね!

失敗しない男 広島・栗林記録締め!! 新人最多タイ37S「与えられた仕事を100%できた」 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 広島・栗林がシーズン最終戦のヤクルト戦で37セーブ目を挙げ、15年にDeNA・山崎康がマークした新人最多セーブのプロ野球記録に並んだ。守護神は達成感をにじませた。

(スポニチアネックス、2021/11/2)

ヤクルト・高津監督 居残ったカープファンに感謝「また来年バリいい戦いしましょう」/デイリースポーツ online
 「ヤクルト7-9広島」(1日、神宮球場) ヤクルト・高津監督が最終戦のセレモニーであいさつ。左翼席に残っていた広島ファンへメッセージを送り、「遅くまで残っていたカープファンの皆さん、昨年も同じ対戦になりましたけれども、今年はちょっと我々が分が良かったですけれども、たくさん球場に足を運んで頂き、本当にありがとうございま...

(デイリースポーツ、2021/11/1)

ヤクルトの高津監督が、『また来年バリいい戦いしましょう』ですって! こちらこそ! 

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました