広島に「義」の人あり。

プロ野球

そろそろ新人王のニュースが待ち遠しいですが、我らが守護神、栗林良吏投手(25)が、6日に行われたSSK社の「プロスタッフ会議」に出席し、来季使用予定の「水色」を基調とした新グラブをお披露目、さらには22年シーズンから同社とアドバイザリースタッフ契約を締結したというニュース。

「SSK」の広島栗林良吏、水色グラブで広告塔誓う「活躍が一番の恩返し」 - プロ野球 : 日刊スポーツ
広島の絶対的守護神・栗林良吏投手(25)が6日、SSK社の「広告塔」になることを誓った。1年目オフでは異例となるアドバイザリースタッフ契約を来季から結ぶことが… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

(日刊スポーツ、2021/12/07)

SSK社と聞いて真っ先に思い浮かべるのが、「義」に生きた伝説の投手、「男気」、「漢(おとこ)」こと黒田博樹さんですよね。2008年メジャーに移籍後、世界的なスポーツメーカーであるナイキ社が、1億円を超える超高額オファーを提示してきたにも関わらず、それまで使い続けて来たグローブのメーカーSSK社に恩義を感じ、そのオファーを一蹴したという話。

広島カープ・黒田が「SSK」の野球用具を使い続けた“男気”理由とは? | アサ芸プラス
ネットで読めるアサヒ芸能「アサ芸プラス」

(Asagei plus、2016/11/04)

カープ黒田投手がこだわる「もう一つの契約」 | スポーツ
いまやすっかり「レジェンド」(伝説)という言葉が似合う広島の黒田博樹投手。4月11日の阪神戦(甲子園)では、自ら打者としてタイムリーも放つなど活躍。日本復帰初登板になった3月29日のヤクルト戦(マツダ)に…

(東洋経済ONLINE、2015/04/12)

そういえば、野球のボールについても、世界野球ソフトボール連盟(WBSC)がプレミア12 2019と東京2020オリンピック競技の公式球をSSK社製に決定したというニュースがありましたね。

WBSCが東京2020オリンピック野球競技の公式球を発表

(WBSC公式、2021/07/23)

メジャーで使用されているボールと比較して、投手にとっては滑りにくく、打者にとっては白色がクリアでバットに当てやすいとのこと。

五輪公式球、打者からも好評なワケ MLB球との違い明らか「クリアに見える」
東京五輪で使われているボールが、米国の選手たちから好評を博している。均一性に欠けたMLB球と比べて扱いやすいと投手から声が上がるだけでなく、野手からも「打ちやすい」との意見も。米紙「ロサンゼルス・タイムズ」は、「『自分が今までに触れた中で最高のボール』:選手たちが日本のオリンピックで使用されているボールを好む理由」との...

(full-count、2021/08/06)

大阪にある一スポーツ用品メーカーが、世界的なメーカーへと成長した陰に、選手のために扱いやすさを追求した企業努力もさることながら、黒田博樹投手の「義理立て」がMLBで注目されたことが影響したかもしれませんね…。そんな、伝説の「義」の人とご縁のある同社のグローブを、名城大3年時から愛用している栗林投手。広島に「義」の人ありですね。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました