天敵撃破!! 広島7 – 1阪神(7月2日)

プロ野球

投打がかみ合ったナイスゲーム!

何より、主砲の鈴木誠也選手(26)に輝きが戻ってきたこと、ヒーローインタビューで今季の逆襲宣言が出来たこと、間違いなくチームが勢い付きますね!!

広島・誠也 特大弾で“天敵”撃破 思い出す能見にビビったあの夏の原点、侍4番は今回も乗り越える! - スポニチ Sponichi Annex 野球
 6戦4発――。主砲のバットがようやくスゴみを帯びてきた。広島・鈴木誠也外野手(26)が2日の阪神戦で2戦連発を含む今季最多4打点の大暴れ。2回に天敵・西勇から先制の12号特大弾を左越えに放つと、打者一巡後にも左中間へ走者一掃の3点二塁打だ。投げては玉村昇悟投手(20)が7回1失点の好投。首位の虎を封じて2勝目を挙げた...

(スポニチアネックス、2021/7/3)

【緒方孝市】広島一挙7点、鈴木誠也の一打が西勇輝にショック与えた - 評論家コラム - 野球コラム : 日刊スポーツ
広島2回の攻撃は、鈴木誠の1発が大きかった。シュートにうまく反応し、前でさばいて、レフトに運んだ。西勇もショックがあっただろう。坂倉も左翼に技ありのヒットを放… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

(日刊スポーツ、2021/7/2)

玉村昇悟投手(20)には、佐々岡監督から『いずれは先発完投というところを目指してほしいというところもある。』とのエール。若干二十歳(はたち)の若鯉がローテーションの一角を任されたことも凄いけど、ひょっとすると今季中に完投完封勝利を飾ったりして…。

広島・佐々岡監督、2勝目の玉村に膨らむ期待「いずれは先発完投を目指してほしい」/デイリースポーツ online
 「広島7-1阪神」(2日、マツダスタジアム) 広島が西勇を攻略して勝利した。

(デイリースポーツ、2021/7/2)

2年目での完投完封勝利は、あのマエケンが1回やっているんですよね。ドラ6入団の玉村投手の成長曲線はハンパない急カーブですけど、マウンド上での度胸は、間違いなくマエケン級かと。とはいえ、カープが喉から手が出るほど欲しかった先発左腕だけに、大事に大事に無理をさせないで育ててほしいです、佐々岡監督…。

なお、最後を締めたフランスア投手(27)の復帰は、逆襲に必要なピースが揃ったことを意味しますね。バード投手(28)もいい味出してるし、駒は揃いましたよ、佐々岡監督…。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました