基本はセンター返し!!来季に繋がる7連勝! 広島5 – 4巨人(11月5日)

プロ野球

巨人をマツダスタジアムに迎えての今季最終戦。松山 竜平選手、前打者の會澤 翼選手が申告敬遠された満塁策で、男の意地を魅せたサヨナラセンター返し!! カープは今季初の7連勝!!

幻のサヨナラヒッター西川 龍馬選手も祝福!
まっちゃんどこ?
まっちゃん…? 後輩から…。
まっちゃーん! スカパー!より
広島、今季2度目のサヨナラ勝ちで7連勝!西川サヨナラ打がリクエストで幻に…松山が“打ち直し” - スポニチ Sponichi Annex 野球
 広島が延長戦の末、巨人に5―4でサヨナラ勝ちを収めて昨年7月の9連勝以来となる7連勝(2分けを挟む)。最大13あった借金を3に減らした。2連敗を喫した巨人は最大30あった貯金が22となっている。

(スポニチアネックス、2020/11/5)

小窪 哲也選手退団について球団から発表されたその日、2007年の同期入団(ドラフト3位と4位)である松山選手が、小窪選手の得意とするセンター返しで試合を決めるとは…。嗚呼、野球は筋書きの無いドラマとはよく言ったものですが…。カープ大好き田口 麗斗投手から打ったというのもね…。

ファイルが見つかりません

小窪選手については、また別の機会に思い出を綴るとして…、松山選手から小窪選手退団についてのコメントがありましたね。

広島・松山と会沢 小窪退団にコメント 現選手会長「燃え尽きるまでやって」/デイリースポーツ online
 「広島5-4巨人」(5日、マツダスタジアム) 広島の松山竜平外野手と会沢翼捕手が、この日退団が発表された小窪について試合後、コメントした。

(デイリースポーツ、2020/11/5)

この時期、ドラフト新入団の話があれば、当然球団を去っていく選手たちのニュースもあり、胸が締め付けられますね…。活躍して、小窪選手のようにちゃんとお給料をもらっていたらよいのだけれど…。20代で戦力外を突き付けられる選手たちのことを思うと…。

さて、話は今日の試合に戻しますが、10回表、7番手でマウンドに上がったケムナ 誠投手が初勝利を掴みました! 今季の成績は、これで40登板1勝1敗12HP。昨年は終盤に1試合登板しただけですから、今季大きく頭角を現した1人として来季も楽しみです!

カープはこれであと3試合残すのみ。最優秀防御率のタイトルがかかった森下 暢仁投手が来週2試合の内どちらかで投げるか? 最後はやっぱり、九里 亜蓮投手に任せるか? Bクラス確定だっていうのに、なぜか最後まで楽しみはつきないですね! それにしても、11/7(土)登板の投手はプレッシャーに押しつぶされないように…。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました