地元に戻って若鯉の躍動! 広島9 – 2DeNA(5月15日)

プロ野球

投打に若鯉が活躍して掴み取った勝利! 特に22イニングぶりとなる得点が、小園海斗選手(20)が積極的に初球から振って行って生まれたもの。

小園選手といえば、5/12ヤクルト戦の先制好機に犠打を強いられた渦中の人物だけに、ファンは溜飲を下げたことでしょう。

さらには、石原貴規選手(23)がレフト前ヒットで続き、高橋昂也投手(22)が犠打でしっかりとランナーを2・3塁へと進塁させて、2アウトからでも羽月隆太郎選手(21)がライト線への2点二塁打で勝利打点を飾り、若鯉の躍動によって掴んだ勝利の美酒は格別うまい! 

若鯉躍動!広島・小園「チームのために」1安打3打点 先発・高橋昂「動じずに投げ切る」今季2勝目 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 広島は若い力が躍動し、DeNAに9-2で勝利。ここまで2試合連続無得点と元気のない打線に活力を与えたのは3年目の小園だった。2回無死二、三塁のチャンスで打席に立つと持ち前の積極性を発揮。DeNAの先発・ロメロが投じた初球のチェンジアップを捉えて先制タイムリー。これがチームにとって22イニングぶりの得点となった。

(スポニチアネックス、2021/5/14)

実は、この試合でDeNAさんの自力Vが消滅してしまったとのことで…。早っ!!

【DeNA】42試合目での自力V消滅は大洋時代の89年以来…記録メモ
 攻守にいいところがなく、引き分けを挟んで4連敗を喫し今季42試合を終えて早くも自力優勝が消滅。試合後、三浦監督は「数字上の問題はあるかもしれませんが、目の前の試合を一戦一戦、戦っていくだけです」と力

(スポーツ報知、2021/5/15)

この3連戦は、しっかりと借金返済といきたいところですが、雨が心配じゃね…。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました