先の塁を奪う野球 (広島1-3巨人・2022年4月19日)

プロ野球

結果として負けはしましたが…。

里崎智也さんのコラムによると、カープには“先の塁を奪う野球”が徹底されていることが、昨日の試合の随所に見られたとのこと。4/19現在、チームのホームラン数が4本でリーグダントツ最下位(1位巨人は23本)なのにこの位置に来られたのも、“先の塁を奪う野球”の徹底による成果かと…。

【里崎智也】鈴木誠也の穴をチーム戦術理解度の高さでカバー 負け試合で見た今季の“広島流” - 評論家コラム - 野球コラム : 日刊スポーツ
今年のペナントレースでは、初めて首位攻防戦と呼ぶにふさわしい試合となった。巨人は坂本が失投を逃さず先制弾。先発戸郷も安定のピッチングで広島打線を封じた。これで… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

(日刊スポーツ、2022/04/19)

しかしまあ、昨日はミスが重なりましたね…。こういう日もある。

【広島】守備乱れ走塁もミス…らしさ欠き首位陥落「反省して次に生かす」佐々岡監督リベンジ誓う - プロ野球 : 日刊スポーツ
らしさを欠いた広島が巨人との首位攻防第1ラウンドに敗れ、4日ぶりに首位から陥落した。先発九里は立ち上がりからテンポが悪く、守備も乱れて失点。攻撃では得意の走塁… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

(日刊スポーツ、2022/04/20)

【広島】敗戦の中にも光 黒原拓未、松本竜也、新人2投手がともに1回無失点 - プロ野球 : 日刊スポーツ
敗戦の中で広島の新人2投手が光の無失点投球を見せた。##head##--【写真たっぷりライブ速報】セ首位攻防戦 巨人―広島--… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)

(日刊スポーツ、2022/04/19)

【広島】ドラ5松本竜也、智弁学園の3学年先輩・岡本和真と念願初対決で3球三振奪う
 広島のドラフト5位・松本竜也投手が、智弁学園の先輩・岡本和真内野手と念願の初対戦で3球三振を奪った。3点ビハインドの7回に3番手で登板。先頭の打席に立った4番に対し、外角球2球で追い込むと、3球勝負

(スポーツ報知、2022/04/19)

ルーキーの黒原拓未投手(22)と松本竜也投手(22)がそれぞれ6回7回に登板してしっかり無失点でつないでくれたことは、次の試合への勇気となりますね! 今日は勝って連敗ストップ! これしかない!!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました