一安心 (広島6-0DeNA・2022年4月23日)

プロ野球

森下暢仁投手(23)が7回111球を投げ抜いて失点0、リーグトップタイの3勝目を挙げました! 前回は対中日なんで、今回リベンジではありませんが…。とにもかくにも一安心ですね。

広島・森下 前回のリベンジ7回零封「初回からゼロで抑えようと思っていた」リーグトップタイ3勝目 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 広島・森下が7回無失点と好投し、前回の屈辱を晴らす3勝目を挙げた。「前回は最悪の投球をしてしまった。今日は初回からゼロで抑えようと思っていた」。17日の中日戦で2回8失点。今回は3者凡退に抑えた初回に150キロを計測するなど序盤から飛ばした。

(スポニチアネックス、2022/04/24)

堂林翔太選手(30)が3回2アウト2塁からの1号先制ホームランを打ったとき、1塁側でピッチング練習をしていた森下投手が両手を挙げてガッツポーズを見せた喜びっぷりが印象的ですね。これでイケる!って思ったんじゃなかろうかの? 堂林選手が打つとベンチが大盛り上がりするのも、堂林パパの人徳じゃね。1番レフトでしばらくはスタメンを固めて欲しいです。ムラがあるのも、既に鯉党にとっては風物詩と言うか、堂林あるあるとして気にしておりませんが…。

広島・堂林 540日ぶり一発 久々1番で連勝導いた 指揮官「期待に応えてくれた」/デイリースポーツ online
「広島6-0DeNA」(23日、マツダスタジアム) 広島の堂林翔太内野手(30)が540日ぶりの本塁打となる先制1号2ランでチームを連勝に導いた。三回2死二塁から、20年10月30日の中日戦以来、2年ぶりの一発を中越えに運んだ。同年11月7...

(デイリースポーツ、2022/04/24)

【広島】堂林翔太、本拠609日ぶり一発 スタンドの大歓声に「懐かしい感じがした」
 3万人近い大入りスタンドからの大歓声に、堂林は「懐かしい感じがした」と自虐的に笑った。3回2死二塁からの一振りがバックスクリーン左に飛び込んだ。20年10月30日の中日戦(ナゴヤD)以来540日ぶり

(スポーツ報知、2022/04/24)

ほんま、最高の試合内容でしたね。末包昇大選手(25)も素晴らしい活躍でした! 松田オーナー、近くで見守ってるだけあって、眼力流石ですね。

開幕から1か月近く経ち、皆さん気が付いていらっしゃると思いますますが、我らがカープはDeNA戦と阪神戦をいかに勝ち抜くか…。ちょっと頭一つ抜けつつある巨人、ホークアイで丸裸に研究されてしまったヤクルト、ナゴドで超手ごわい中日とは、五分の戦いをして行けば、何とか優勝するんじゃ…、その前に6月よね…。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました