テーマはズバリ、「リリーフ陣の強化」!

プロ野球

沖縄での1軍キャンプが始まる前日に、佐々岡監督が今春のテーマを「リリーフ陣の強化」と明言されましたよ!

広島・佐々岡監督が「競争になる」セットアッパー&守護神不在で投手陣に奮起促す/デイリースポーツ online
 広島の佐々岡真司監督が31日、1軍キャンプ地の沖縄入り後、取材に応じた。今春のテーマを問われると、「リリーフ陣の強化」と答えた。 昨季の逆転負けは20試合。救援陣の防御率はリーグワーストの4・64だった。守護神を筆頭に、八回を任すセットアッパーなど「勝利の方程式」メンバーの確立が最大の懸案事項だ。

(デイリースポーツ、2021/1/31)

 昨季の逆転負けは20試合。救援陣の防御率はリーグワーストの4・64。ほんま、「勝利の方程式」が安定していたら…、っていう試合を何度も拝ませていただきましたからね…。今季は頼みますよ!って矢先、フランスア投手(27)が新型コロナウイルスに感染…。現在は隔離期間中でキャンプ合流は早くても中旬以降…。開幕に間に合わせるのは無理があるか…。

 そこで新たな守護神候補に、ドラ1新人・栗林良吏投手(24)の名前が挙がっていますね~。

フランスア調整遅れのなか… 広島ドラ1・栗林が守護神候補〝急浮上〟 – 東京スポーツ新聞社
 守護神は誰になるのだろうか…。春季キャンプのため31日に沖縄入りした広島・佐々岡真司監督(53)は「後ろ(抑え)の重要性は特に今年のキャンプのテーマになる」と真剣な表情で話した。就任1年目の昨季は抑...

(東スポWeb、2021/2/1)

佐々岡監督曰く、「『先発がダメだから』ではなく、後ろの適正があればリリーフに回すことも考えられる」と守護神に指名する可能性にまで言及したそうで…。確かに、大学、社会人時代に、リリーフの経験も豊富のようで、今までの発言からは、守護神抜擢に戸惑うそぶりもなさそうですね。

ということは、森下暢仁投手が8回まで投げて、9回にストッパー栗林投手に交代…。

2人同時にお立ち台…なんて、素敵な光景を想像しております…。

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました