チーム力の差が出た試合…。 広島2 – 5中日(10月17日)

プロ野球

森下 暢仁投手が96球を投げ切って掴みかけた9勝目…。

まさに“1点差は負け”の方程式が如く、後続が打ち崩されてあっけなく敗戦。

2位と5位のチーム力の差が、如実に表れた試合。

えぐいけれど、これが今のカープ。 翌日の戸郷投手が波に乗った場合、森下投手には何も責任はない。ただ、残り3試合を勝つのみ…。

広島・森下 残り3戦勝つ!96球快投“崩程式”に9勝目スルリも新人王獲れる/デイリースポーツ online
 「広島2-5中日」(17日、マツダスタジアム) 先発した広島のドラフト1位・森下暢仁投手(23)=明大=が大学の先輩である中日・柳と投げ合い、7回5安打1失点と好投した。継投失敗により、9勝目はお預けとなったが、黄金ルーキーは新人王獲得に向けて残り3試合の登板で勝ち星を積み上げていくことを誓った。なお、チームは引き分...

(デイリースポーツ、2020/10/18)

広島・森下 白星は先輩の柳に譲るも新人王&防御率の2冠見えた! 達成なら99年上原以来の快挙 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 逆転された瞬間をベンチの最前列で見届けた。新人王を争う巨人・戸郷を抜く9勝目が消滅。広島のドラフト1位・森下は1点を取られたことを悔いた。

(スポニチアネックス、2020/10/18)

この失敗を今日の試合に活かせるか?  酷使続けた塹江 敦哉投手はもうしばらくは休ませる勇気が必要だ。打線は2番の田中 広輔選手をどこに並べるか…。菊池 涼介選手の連続無失策にも関わってくる。

難しいかじ取りは続くが、佐々岡監督が『監督の責任』を口にしたことに、ほんの少し溜飲が下がった。

広島、逃げ切れず3連敗 佐々岡監督「これで失敗したら監督の責任」
 (セ・リーグ、広島2-5中日、19回戦、9勝9敗1分、17日、マツダ)広島は中継ぎ陣で逃げ切れず、1分けを挟んで3連敗を喫した。7回1失点と好投の森下に代え、…

(サンスポ.COM、2020/10/17)

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました