それにし(西)ても…。 広島1 – 9阪神(10月8日)

プロ野球

“西恐怖症”。ほんま、昨日の試合はそれに尽きる…。

マツダで0勝6敗!広島深刻な〝西恐怖症〟「なぜこんなに得意なんだろう…」 – 東京スポーツ新聞社
 広島が積年の〝西恐怖症〟に苦しんでいる。8日の阪神戦(マツダ)では相手先発・西勇輝投手(29)に手も足も出ず、8回1失点に抑えられて完敗。今季6回目の対戦も攻略はかなわず0勝4敗とカモにされている状...

(東スポWeb、2020/10/9)

こういう試合を観せられると、首脳陣の采配力が問われますよ…。しかしまあ、低めのコースに左右程よく5種類の変化球を使い分けられたら…。手こずりますわ~ね。バントしようにも当たらんのんかもしれんし…。背番号20番を空けて待ってるんで、マエケン帰って来てくれんかのう? なんてね、西投手を観てると、複雑な気持ちになるんですわ…。

昨日の収穫といえば、7回表の藤井 黎來投手の初登板なんじゃが…。まじで、泣きそうなんじゃが…。見逃してしもうた…。6回表に勝負が付いた感があって、腹立って、お風呂に入っておりました…。登場曲は「いとしのレイラ」なんですって!? 想像通りで何よりです。次は絶対、観るけえねっ!

カープ育成の星!藤井黎来0封デビュー 大敗ガックリのファンに希望届けた/デイリースポーツ online
 「広島1-9阪神」(8日、マツダスタジアム) 広島は引き分けを挟んでの連勝が4で止まり、今季の阪神戦負け越しが決まった。敗戦の中での収穫は、1軍初登板となった育成出身の3年目右腕・藤井黎来投手(21)だ。七回の1イニングを1安打無失点。最速146キロの直球を主体に投球を組み立て、プロ初奪三振も記録した。若手の活躍が目...

(デイリースポーツ、2020/10/9)

今日の試合、広島は台風すれすれですが、いかがでしょうかね!? 残り27試合、若手の経験を積ませるチャンスであるとともに、大胆な采配を仕掛けるチャンスでもあります。

今日もがんばれ! 僕らのカープ!!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました