お疲れさまでした~。 全セ3 – 4全パ(7月17日)

プロ野球

7/14(水)の中日戦勝利から中3日で臨んだ試合でしたが、先発の柳裕也投手(27)も同様に疲れていたと思います。2回2アウトから杉本裕太郎選手(30)にセンター寄りのレフト方向へ痛烈なホームランを浴びました。我らが森下暢仁投手(23)は、これで無失点というプレッシャーから解放されたかな?と安堵しつつ、無失点で抑えてねと勝手に祈っておりましたが…。

広島・森下 初球宴「楽しかった」 パの強打者へ強気の直球勝負/デイリースポーツ online
 「マイナビオールスターゲーム2021・第2戦、全パ4-3全セ」(17日、楽天生命パーク宮城) 広島・森下暢仁投手(23)が初めて球宴のマウンドに上がった。全セの2番手で登板し、結果は2回3安打2失点。それでも、普段とは違う雰囲気でのマウンドを楽しんだ右腕。夢舞台での経験を糧にして、日本代表に選出されている東京五輪では...

(デイリースポーツ、2021/7/18)

球宴を楽しめたようで何よりです! 荻野貴司選手(35)がサードへ打ったあのゴロは、村上宗隆選手(21)獲ってよ~と、まあ仕方が無いか…。負けもなくなりましたしね…。と思ったら、まさかの栗林良吏投手(25)に土がつくとは…。最後に楽天出身の巨人高梨雄平投手(29)が火消し登板できたわけで、仙台の夜はこれでALL OKでしょう?

【独占手記】広島・栗林 後半戦こそ無敗で完走 目標は永川コーチが持つ球団新人記録の25S超え - スポニチ Sponichi Annex 野球
 全セの栗林良吏投手(25=広島)は同点の8回に決勝点を奪われて敗戦投手になった。初の出場を満喫し、2日連続の独占手記を寄稿。全パが4―3で競り勝ち、決勝打を含む3安打3打点の島内宏明外野手(31=楽天)がMVPに輝いた。

(スポニチアネックス、2021/7/18)

鯉党には、前日が余りにも恵まれていただけに、仕方ないか~。この負けも大きな糧になることでしょう!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました